唐見先公民館からの絶好のロケーション


唐見先公民館からの絶好のロケーション


グループミュージックセッション


グループミュージックセッション


老人ホーム音楽療法とコンサート


アジアン・ナイト・チャリティー・コンサート


早朝の風景


神島神社の拝殿での瞑想コンサート


保育園訪問コンサート


ウエルカムパーティー


お別れの様子

 


2008年3月20日~3月26日
インド伝統文化プロモーション 任意団体ダルシャナム 山岸美智子さん


 「おぢかへ行く」と聞いて、始めはどこの事か分かりませんでした。どうやら、九州の島であるらしい、と分かってきました。「おぢか」、それは始めに音があり、その後、漢字を当てはめた万葉仮名に違いないという気がして、漢字を調べると「小値賀」とあります。  その背景には深い歴史があるに違いないと思ったら、もう胸はわくわくしてしまいました。そして住所は、北松浦郡五島列島ではありませんか。

私の知り合いに、松浦さんという方がいらっしゃいます。松浦さんのご祖先は、魏志倭人伝の末盧(まつら)国のまつらから取った名前だということです。今でも平戸松浦家は「まつら」と名乗っていらっしゃるそうです。  古代史ファンにはたまらない島に違いないはずです。


【3月20日:福岡】

勝立寺にてシタールコンサート
 一行はまず福岡に到着。福岡・勝立寺において彼岸の法要と、チャンドラカントさんのコンサートがありました。檀家の方々が集まる中、シタール演奏が行われました。
 始めに「Nat & Bhairav、taal in Rupakteal」。午後のラーガ2曲は、特徴的なメロディーが融合されたラーガでした。リズムサイクルは3・2・2の7拍子。2曲目は「Khamaji、taal in teentaal」。リズムは4×4の16拍子。始めの曲より明るく軽快な曲でした。
 勝立寺のご住職さんのご子息さんが、厳しい修行が明けたばかりということで、その修行のお話をお聞きしたり、檀家の代表の方数名とのお食事をいただきながらの集いを設けていただきました。
「シタールの夕べ」福岡コンサート
 その後、ホテルへ帰ってしばし休憩ののち、コンサートが行われるアジア美術館へと向いました。
 この音楽祭は、トータルヘルス実行委員会によるボランティアスタッフによって企画・運営され、収益金はチャンドラカントさんが理事を勤める財団、インド・ワゴリの「バラティア・サンスクリティ・ダルシャン・トラスト」へ寄付されるチャリティーコンサート。  1曲目は「Bhopali(Bhoop)Aleap、Rupak taal」。2曲目は「Kalawati、taal in teentaal」。アンコールは「Bhajan」の演奏でした。

 インド音楽は演奏者と観客が一体となって作っていくもので、観客の皆様が身を乗り出し、とても熱心に聴いてくださったので、とても盛り上がったコンサートになりました。日本の芸能界で活躍なさっているミュージシャンを多く輩出してきた町、福岡。コンサート終了後はチャンドラカントさんを観客の皆様が取り囲んでの楽しい団欒のひと時でした。その中には、パンディット・ラビシャンカールのレコードをお持ちになった方もいらっしゃいました

 その後、場所を変えて幹事の皆様とご一緒に夕食をいただきました。美味しいお食事を整えてくださり、心温まる歓迎をしていただきました。とてもうれしいひと時でした


第7回長崎おぢか国際音楽祭


おぢか国際音楽祭の目的は演奏家が芸術の原点に立ち返られる豊かな自然において、真の音楽が生み出される場を創造し、芸術の発展に貢献するとともに、自然と共生する豊かで潤いのある社会環境の啓蒙・普及。


次の日は佐世保まで移動し、そこから海路を渡って、小値賀に着きました。そしてまた次の日から私たち一行は公共の施設をお借りして自炊。まるで合宿のような生活が始まりました。


【3月23日】
グループミュージックセッション
前面が海という絶好のロケーションの唐見先公民館で、グループ音楽療法が行われました。30名くらいの方が集まりました。仰向けに寝て、シタールを30分くらいの間聴くというものです。終わった後、体の中にどのような反応が起こったのか、そして、それはどういうことなのか、参加者とチャンドラカントさんの質疑応答が交わされ、皆さん熱心に聞いていらっしゃいました
 私はかねてより、海に面した場所で音楽療法を受けてみたいと思っていましたので、参加者に混じって受けさせていただきました。とてもリラックスした状態を体験することができました。
老人ホーム音楽療法とコンサート
その後、「養寿園老人ホーム慰問セッション」で30分のシタール演奏を行ないました。車椅子に乗ったままシタールの演奏を聴くというかたちの音楽療法と、30分のミニコンサートが行われました。
曲目は「Raga Madhuwanti in teentaal」、「桜」、「上を向いて歩こう」。また、リクエストに応え、「朧月夜」が演奏されました。
チャンドラカントさんが4拍子を打ちながら「皆さんご一緒に」とおっしゃると、ホームの皆さんはティンタールを手拍子で打たれました。とても正確にリズムを刻み、また楽しげに手拍子を打っていらっしゃいました。何人かの方がタブラに合わせて、がひざの上でも拍子を取っていらっしゃるのが印象的でした。

【3月24日】
アジアン・ナイト・チャリティー・コンサート
 アジアン・ナイト・チャリティー・コンサートはインド音楽に親しんでもらおうとともに、収益金はインドのストリート・チルドレンに寄付されます。演奏に先立ち、ラーガとターラの説明が詳しくされました。
 1曲目は「Raga Mishra Siuranjiani in teentaal」。2曲目は「Raga Nihon Indo in Rupak Taal」。

【3月25日】
瞑想コンサート
 朝7時という早朝より、7世紀の書物に記載されている「神島神社」の拝殿で、瞑想コンサートが行われました。
30名ほどの方が早朝にもかかわらず集まり、瞑想しやすい体勢でシタールの演奏を聴くというものでした。荘厳なシタール演奏が奏でられ、まさに瞑想にピッタリのところで行われました。音楽療法といい、瞑想コンサートといい、インド音楽をたいへん理解された方がコーディネイトされたお陰と感謝いたします。
保育園訪問コンサート
 今度は場所を保育園に移し、小さいお子さんにコンサートを楽しんでもらいました。タブラに合わせて、膝を叩く子や、実際にタブラに触って打ってみたり、シタールを触ってみたりと楽しいひと時を過ごすことができました。
ウエルカムパーティー
 その夜は、ミュージシャンを招待してのウエルカムパーティーがありました。チャンドラカントさんの奥さんのプージャさんの手づくりのカレーや、地元の奥様方の心づくしの手料理に会場は大盛況でした。その時、お一人の方が「瞑想コンサートのあと、今日1日心静かに仕事ができました」と、おっしゃってくださいました。


 おぢかは、風光明媚な人口3千人程の穏やかな島。この国際音楽祭も今回7回目ということです。この島が国際交流を続けられるのも、小値賀の歴史と無縁とは思えません。五島列島は北から宇久島、小値賀島、五島中通島、五島福江島となっていますが、小値賀島だけが平戸松浦藩です。
 その歴史は古く、歴史博物館には縄文前期、中期、後期の土器のかけらややじり、弥生の須恵器、有力豪族の存在を示す古墳の写真、遣唐使船時代から列強が争って各大陸に出て行った大航海時代の陶器の破片などが展示されていました。
 南から黒潮と呼ばれる日本海流が、北からはりマン海流が流れ込む五島列島に位置する小値賀(おぢか)は、古の時代からその潮の流れにのって南に向う航路にあたっていたそうです。この島を通って中国やタイなどの南の国との交流が行われていました。  小値賀のすぐ東に位置する平戸が江戸時代、オランダとの交易が許されていたのも、古くからその海外交流の歴史と無縁ではないと思われます。


 小値賀国際音楽祭の実行委員長の増元さん、事務局長の立石さんや、島の方皆さんがボランティアでこの国際音楽祭を毎年行っていらっしゃいます。突然ではない、古くからある、何かDNAのようなものが島の人に根付いていて、国際文化交流が行われているように感じます。
 この音楽祭の後も、オーストラリアやアメリカからホームスティを受け入れているそうです。皆さん、この島から帰られるとホームシックにかかってしまうほど、この島の自然や心やさしい元気な人たちに馴染んでしまうそうです。
 この島を通ってかって遣唐使が行き来をして、大陸の文化がもたらされ、日本古来の文化と融合して、日本文化を作り上げてきました。まさにこれから世界の音楽がこの地で溶け合い、ひとつになり、文化が人を導いてくれますよう、世界が一つに溶け合いますようにと、願わずにはいられませんでした。


 福岡のボランティアの皆様、小値賀の皆様、すばらしい企画、心温まるおもてなしに感謝申し上げます。本当にありがとうございました